「普通に」カッコいい

先日、東京オートサロンに行ってきました。
今回は車関係というよりは、ダンサー関係者として(笑
1558561_577543902322220_785002881_n
そんな中、フリータイムを利用してプレスデーを堪能してきました。

業界のお友達や先輩方と、ご挨拶や初めましてをしながら
以前より気になって仕方なかった「LB☆WORKS」さんを突撃してきました。
社長の「シャコタンコヤジ」こと加藤さんは、業界では有名人。
いつも笑顔の気さくな方で、初対面にも関わらずフレンドリーな対応を頂きました。
有名なブログ「今日のワンポイント」にも掲載頂きました(笑
このブログ、本当に好きなんですよねー。
577743_577543022322308_456784375_n
そんな加藤さんが、暴走族時代から好きだった「改造車」を
現代のスーパーカーで表現したらどうなる??
そんな、シンプルかつわかりやすいコンセプトで制作された「カスタムカー」は
まさに「ありそでなかった」カッコよさが満載なんです。

原点がこれ
o0520039012810146476
発展がこれ
o0520039012810146791
o0520039012810146479
太いタイヤを履きこなす為の、深いリムのホイール。
それをおさめる為のオーバーフェンダー。
秘めたるパフォーマンスを誇示する車高や、スポイラー類。

まさに同じ手法。
そして、どちらも「カッコいい」

パフォーマンスの高さを、ギリギリの路線でシンプルにアピール。
このバランスが絶妙なんです。

単に車高が低いとか、ホイールが大きいとか
カラーリングが派手とかそういうのではない。
そこには、日本人らしい「繊細さ」と
シンプルな「大胆さ」が同居しています。
オーバーフェンダーのデザインや、タイヤの納め具合。
シンプルかつインパクトのあるグラフィック。

とてもシンプルなんだけど、とてもカッコいい。

本来、人間が感じる「カッコよさ」のエッセンスを抽出し
そのエッセンスをアップデートしながら、表現し続ける。

クリエイションに関しても、大きなヒントになると思います。

近いうちに、お店にも突撃したいと思います。

TOKYO AUTO SALON 2014 PHOTO 

 

Comments are closed.

Post Navigation