Category Archives: デザインって

【雑誌掲載情報】モデル・カーズ・チューニング スカイライン特集

マニアックなカスタムが勢揃いの「モデル・カーズ・チューニング
その第三弾にデザイン担当したモデルが掲載されています。

14372342_1075377909205481_925859393830058665_o

前回のFDに引続き、モデラー界の鬼才、
Yusuke GOTO氏とのタッグで実現したこのハコスカ。
ケン・ブロックのマスタングをライバルに設定した
大和魂あふれるモンスターマシンです。
そのストーリーも練りこまれたものになっています。
今回はプロモデラー後藤氏の解説に加え、
やまざきの解説も掲載されています。
こちらもぜひお読み下さい。
壮大なストーリーが広がっていますよ。

デジタルスケッチから現実世界に召喚されたそのクオリティは圧巻です。

こちらが、やまざきによるデジタルスケッチ。

nissan-skyline-1968-1972-1140

nissan-skyline-1968-1972-1144

nissan-skyline-1968-1972-1142

こちらが、後藤氏によるスケールモデル。

14248835_1135668269813488_1555935295_n 14233821_1135668289813486_1778596792_o 14273555_1135668316480150_1077097657_o

ボディワークもさることながら
RB26DETTにF1用のタービンを二丁掛けしたそのエンジンも必見です。

是非とも実車で実現したい1台です。

詳細は誌面にて!!

デザインも格闘技【アルティメットカーデザインバトル2016】

20160828に3331 Arts Chiyodaで開催された
第二回アルティメットカーデザインバトル2016

カーデザイナーを目指す学生中心のデザインバトルイベント。
制限時間内にテーマに沿ったデザインを展開。
プロデザイナーによる審査で優勝者が決まります。

IMG_0007

30分という短い時間の中で
自分のコンセプト、デザイン、個性を発揮しなければならない
非常に難易度の高いバトルです。

そんなバトルにMCとして参加してきました。

近年多職種に比較すると人気のないカテゴリーと言われて久しいですが
参加者を見るとそんなことを全く感じませんでした。

今のカーデザインの現場、デザイナーという職業を
もっと魅力あるものとして世の中に伝えるのも
現役デザイナーとしての大切な任務だな、と感じた一日でした。

当日の詳しいレポートはこちら。

また、今回の優勝者を交えたトークショーが代官山蔦屋書店で開催されます。

以下お知らせです。
よろしければ是非。

【トークショーのお知らせ】
9月26日(月)20:00より代官山蔦屋書店さんで開催の
カーデザインバトルトークイベントに参加します!
先日開催されたアルティメットカーデザインバトル2016の優勝者と
カースタイリング編集長松永さん、現役のカーデザイナー根津孝太さん
杉山旅人さんを迎え、これからのクルマがどうなっていくのか
また今年のカーデザインバトルの様子と
カーデザインの面白さについて語るイベントです。

お時間ある方は是非お越しください!

詳細はこちら

 

 

【雑誌掲載情報】 RC WORLD 9月号

8月4日に発売された「RC WORLD 9月号」

rcw249_2

今号から見開き2ページ毎月連載になりましたよ!

そんな今回はなつかしの京商オプティマのカスタマイズ企画!
さてさてどんな感じに台無しになるでしょうか?
乞うご期待です!!

コペンドレスフォーメーションの本音

絶好調発売中の
AUTO STYLE vol.5
ダイハツコペン チューニング&ドレスアップガイド
にて
ドレスフォーメーションの秘密や
コペンの魅力を豪華メンバーで
熱くこっそりと語ってます。

20160726copen

他の車には出来ないコペンならではの
楽しさが凝縮された一冊です!

ここだけの話、作りたくて作った本なので
面白く無い訳が無い!(笑

正直、ドレスフォーメーションの本当の楽しさは
始まったばかり!

今後10年は楽しめます、楽しませます!!

ぜひぜひご覧ください!
http://www.amazon.co.jp/dp/4865421912

注目の仕事人

教科書で馴染み深い東京書籍さんの運営する
職業調べ教育サイト「あしたね」仕事人インタビューコーナーにて
デザインのお仕事についてちょっと偉そうに語らせていただきました。
やまざきたかゆきインタビュー記事
index_main-img-1

現在のお仕事状況や、デザイナー仕事の内容など
とてもわかりやすい記事にしていただいています。

聞くところによると、全国90万人の小中高生が見ているサイトとのこと。
なるべく悪い影響を与えないよう配慮しました(笑
この記事でデザイナー職に対して、夢と希望を持ってもらえたら
こんな嬉しいことはありません。

少子化の影響もありますが、デザイナーを目指す学生さんが減ってきています。
実際の教育現場でも、新入生はピーク時の1/10以下という状況・・・

そんな中、デザイナーという仕事に興味を持ってもらい、
デザイナーを目指す学生さんが一人でも多く生まれることを願います。

他にも様々なお仕事インタビューが掲載されています。
面白いので、お時間あるときに是非ご覧下さいねー!

【雑誌掲載情報】カスタムcar&モトチャンプ6月号

現在発売中の
カスタムcar6月号にFLEX 95PRADOカラーボムが掲載されています。
原宿某所にていい感じのカットになってますよ!
4910025050668_01
13123416_989144914495448_6095283504860957898_o

また、モトチャンプ6月号にはFLEXコラボzoomerが掲載!
ちょっと力の抜けたこんなカスタムもいいですよね。
f552e6ae
13161369_1003684256386696_247771652_o
ぜひご覧ください!

クリエイティブナイト

先日、「COEDO」や「生茶」のブランディングで著名な
「エイトブランディング」さんが展開している
クリエイティブナレッジの主催するイベントである
「クリエイティブナイト」にておしゃべりさせていただきました。
160318_やまざきさん_ツーショット-1-600x399

美味しい料理とお酒を囲みながら
代表の西澤さんとのクロストークで色々お話させていただきました。
ORECさんコンセプトモデルの話はもとより
Honda時代から現在に至るまでのやまざき的クリエイティブ論を
偉そうに語らせていただきました(笑
質問も沢山いただき、大変アットホームなイベントになりました。

色々なジャンルのクリエーターの本音話が聞けるこのイベント。
とても刺激的で、クリエイションを大切に考えている
エイトブランディングさんならではのイベントだと感じました。
乾杯から始まる、そういうノリもとってもいいと思います。

その様子をエイトブランディングサイトにて公開いただいています。
サイトはこちら

よろしければ是非御覧ください。

草とともに生きる〜草刈機のデザイン〜

pdc-designworksとしては未知の世界
「農機具」のデザインを担当させていただきました。

果樹園などの草を刈る、乗用草刈機のデザインです。

slide_top2

今回はラインナップデザインのご依頼ではなく
今後デザインにも力を入れてゆく
大手農機具メーカーORECさまの
強い意志のもとに推進されたプロジェクトでした。

RM981_ROGO_Fq_01

デザインだけでなく、ブランディング、
ショールーム、発表会などすべて

「農機具メーカーらしくない」

でも、普通の人からしたら

「違和感のない」

そんな展開を行いました。

12916902_980622445318908_63044525458828890_o
10869554_980623935318759_3337663861524563814_o

東京発表会は原宿で行いました。
原宿でも違和感の無い素晴らしい発表会でした。
@DIMEさんが発表会の様子を記事にしてくださいました。
こちらも合わせてご覧ください。

そもそも農業、草刈機などには疎かったのですが
社長はじめOREC社員さんと農家さんの熱い想い、
農作物に対する愛、そして誰もが授かる食の恩恵。

結果、日々行っている行為と直結している
素敵なプロジェクトに参加させていただきました。
その詳細はこちらを御覧ください。

今後も是非ORECの動向にご期待ください。

【雑誌掲載情報】地味なカスタムこそ〜プラモデル編 【モデル・カーズ・チューニング】

見てるだけでテンションマックスな雑誌、モデル・カーズ・チューニング
その第二弾の巻頭にデザインを担当させていただいたFD3S(1/24)が掲載されています。

CavkG0xUkAA60h5

Cavo7SrUkAAI6Nk

モデラー界の鬼才、Yusuke GOTO氏(DADA氏)とのタッグで実現したこのFD3S。

コンセプトは「純正感」
実車カスタムのセオリーを守りながら、
つまり、実車で実現可能な手法でデザインをフィックスしました。
あくまでカスタマイズしました、付けました感ではなく
違和感なくフィットしている、それでいてなにか凄いオーラを放つ。
そんなネクストトレンドを模索した提案となっています。

特筆すべきは、モデラーGOTO氏のデザインスケッチの読解力。
スケッチの言いたいところを的確にモデルに昇華させています。
多くは語りません。
是非本誌を御覧ください。

ちょろっとその一部をご紹介。
FD_side_fix

スクリーンショット 2016-02-10 17.08.02

地味なカスタムこそ〜実車編

「よく見ないとどこをカスタムしたかわからない」
細かくてわかりにくいカスタムが得意なやまざきです。

今回は、先日の東京オートサロン2016に出展し、
SUV部門最優秀賞を受賞した
FLEX Customの新コンプリートシリーズ「アメリカンクラシック」
95プラドベースカスタムコンプリートカーをご紹介。

01

一見、ウッドパネルとホワイトリボンのライトカスタム?
と思われがちですが、これ実はすごいカスタムしてます。

これがベースの95プラド
UV0883_1_640x480_70
で、これが「FLEXアメリカンクラシック」
73剁EITL1Dx30062

ね、ぜんぜん違うでしょ。

リア周りも。
純正鉄バンパー風に全て作りなおしています。
こりゃすごい。
UV0883_3_640x480_70

73征E允EITL1Dx30076

このように比べないとわからないカスタムの真骨頂が出来上がりました。

ちなみにファーストスケッチはこんなです。
アメクララフ

だいたい忠実に再現されてますね。
特にアンテナ先のアメリカ国旗(笑

カスタムカーというよりは
リノベーションカー。
いい物件だけど、時代と合わなくなってきた。
そんな時代に物件をデザインの力で合わせてあげる。
そんな想いで作成したのがこの「アメリカンクラシック」
サーフボード乗せて仲間と海へ!
キャンプ道具積んで山へ!
恋人と夜のドライブデート。
その人なりのいろいろな笑顔が生まれそうな、そんなクルマをリノベしてみました。
だから、一見カスタムしてるとわからない、「純正感」を大切にしました。

FLEXさんにてコンプリート販売決定!お楽しみに!

また、2月4日発売のRC WORLDでは、
RCカー雑誌なのに、まさかの実車特集も予定しています。
やまざきヘンタイカスタムの詳細がバッチリ紹介されていますよ!
いつもやりたい放題ですみません、編集部さま。

また、「カラーボム」と名付けられたオーバーフェンダー&アゲスタイル。

これは「アメリカンクラシック」をベースに
ポップにストリートカスタムした車両です。
カスタムの幅の広さもポインツですね。

これまた、同じ車両に見えない!

繝ゥ繝ウ繧ッ繝ォ・貞床陦ィ邏兩FIX

73剁E允EITL1Dx30182

73征EITL1Dx30213

カラーボムは大阪オートメッセ2016でデビューです!
ご期待くださいね!